ホームセンター

去勢犬用のドッグフードについて

去勢した犬とそうでない犬の場合は、与えるべきドッグフードが異なります。
ここでは去勢犬と普通犬の餌を区別する理由や、去勢犬用のドッグフードの特徴などについて詳しく探っていきます。

去勢や避妊手術をした犬は、ホルモンバランスに影響が与えられることになり、手術前と体質が変化します。術後は性ホルモンに関係する病気の発症率を抑えることができますが、どうしても繁殖に必要であるエネルギーの消費カロリーが減少することから太りやすい体質になってしまいます。
犬も人間と同じように肥満になると、病気になるリスクが高くなり、せっかく性ホルモン系の病気になりにくくなってもそれでは意味がありません。
したがって去勢犬に対しては、手術前よりも運動や食事の管理をしっかり行わなければいけません。

手術前に与えていた餌をそのままにしていると、以前よりもカロリーを消化しにくくなっているため、肥満になる可能性が高くなります。
今では肥満防止のために低カロリー食として謳われているドッグフードもたくさん販売されていますが、去勢犬には専用のドッグフードが販売されているので、それを利用することをおすすめします。

去勢犬用の商品は、ワンちゃんに必要な栄養素はしっかり摂ることができるようになっているけれどもカロリーは抑えられているドッグフードなので、これまでと同じ量を食べても太ることはありません。
そのような商品には食物繊維が豊富に含まれていたり、尿路結石を防ぐためにミネラル調査がしっかり行われているなど、ワンちゃんのことがしっかり考えているモノが多くなっています。

しかし去勢をすると、最初のうちはホルモンバランスの乱れからどうしても体調不良となり食欲もなくなるワンちゃんも多く、心配になる飼い主さんも多いのですが、しばらくすると体調は回復して餌もしっかり食べるようになるので、そのことはしっかり理解しておきましょう。

このように、去勢犬の場合はどうしてもホルモンバランスに影響が与えられることにより、以前よりも太りやすく体質に変化してしまいます。
太りにやすい体質に変化することから、これまでと同じドッグフードを与えると肥満になる可能性が高くなります。
また、一回に与えるドッグフードの量も考え直しましょう。
去勢犬には専用商品が販売されているので、それに切り替えてあげましょう。