ホームセンター

ドッグフードで癌予防できる?

人間と同じように、癌で亡くなる犬はたくさんいます。
犬種によっても癌になりやすい犬がいるようですが、ここでは市販のドッグフードで癌が予防できるかどうかについて探っていきます。

大事なワンちゃんの健康を維持するには、餌選びや餌の与え方がかなり大事になります。
人間も食べ物が体をつくっているように、犬の体も食べ物によってつくられています。
犬はもともと肉食動物のため、人間と同じ食事をすると健康を害する可能性が高くなるため、今では昔と違って、それぞれの犬のためにつくられたドッグフードを与えることが一般的となりましたが、全てのドックフードが安心して与えられるとは限りません。

特に安価な商品の場合は、犬の健康を害するような化学物質がたくさん入っているモノが多く、その中には発がん性が指摘されている成分もあります。
人間が口にする食品には絶対に配合されていないような成分も、ドッグフードには使用されているモノがあります。
普通に考えて、人間が食べてはいけない物質を犬が摂取していいわけがありません。

したがって、飼い主の責任として、大事なワンちゃんに与える餌には、発がん性が指摘されている物質や健康に害を及ぼすような物質が入っていないかを必ずチェックしましょう。
もちろん適度な運動をさせることも長生きをさせる大きな要素となりますが、食事は健康維持、癌になるかどうかに大きな影響を与えることは間違いありません。
残念ながらこれを食べれば絶対に癌にならないということを謳って販売されている商品はまだありませんが、癌を予防できるドッグフードはすでに開発されています。

またオーガニックのドッグフードはたくさん販売されていて、化学物質たっぷりの商品よりも間違いなく癌を予防できることになります。
オーガニック商品は日本よりもペット先進国の欧米諸国製のモノが多いので、餌選びに関しては国産だから安全というわけではありません。

このように、食べれば完全に癌が予防できるドッグフードはまだ販売されていませんが、一部ではそのような商品の開発も進められていて、近い将来癌を予防できるドッグフードが発売されることも夢ではありません。