ホームセンター

粗悪なドッグフードって?

犬を飼う前には必ず餌を用意しておかなければいけません。
しかし次々に新しいドッグフードが市場に出回り、一体どれを選んでいいのか分からないという人もたくさんいます。
ここでは粗悪なドッグフードを買わないように、その見分け方を紹介します。

ドッグフードは、値段を見てお手軽なモノを買っているという飼い主さんは注意が必要です。
ドッグフード何て大体どれも一緒でしょ、などと本気で思っているようなら犬を飼う資格はありません。
もう少し犬についていろいろ勉強してから犬の命を守りましょう。

もちろん値段が高ければいいということではありませんが、極端に値段が安い商品は粗悪品だと考えて間違いありません。
10キロで1,000円程度などというモノは話になりません。
人間と犬が食べるモノは確かに異なります。
だからといって、犬なら粗悪品を食べても健康を害さないということではありません。
粗悪品にはそう呼ばれるだけの危険な成分や材料が使用されています。

粗悪品に値段が安いモノが多いのは、添加物をたくさん配合することで値段を抑えることができるからです。
添加物には着色料や保存料や酸化防止剤や香料などがありますが、天然由来成分を使用している場合はいいとしても、粗悪品には大抵化学物質が使用されています。
その中には発がん性やいろいろな病気の原因になることを指摘されているモノが多く、継続して食べていればその危険性はどんどん高くなります。

また粗悪品は原材料に4Dミートと呼ばれる人間が食べることができない危険なモノが使用されていて、それは死にかけていた動物、死んだ動物、障害のある動物、病気の動物などの肉です。
このような肉は当然格安で市場に出回るために、大幅にコストを落として製品化することが可能となりますが、犬がこのような肉を食べて健康を維持できるとは決して言えません。

このように、粗悪なドッグフードは大体は値段が極端に安く販売されているモノで、そのような商品には大量の化学物質や、人間が絶対に食べない状態の肉が原材料として使用されています。

飼い主である以上ドッグフードの安全性についてはよく考えましょう。