ホームセンター

寿命を延ばす!ドッグフード選び

人間と比べて4倍もの早さで成長する犬の寿命は早く、14歳~15歳が寿命の平均だと言われています。
大事なワンちゃんにはできるだけ長く生きてもらいたいですよね。
ここでは寿命を延ばすためのドッグフード選びについ探っていきます。

実に小型犬と中型犬の場合は、産まれて2年で24歳になると言われていて、その後は1年で4歳ずつ歳を取っていきます。
これに対して大型犬は、生まれて1年で12歳となり、その後は1年で7歳ずつ歳を取ると言われています。
いずれにしても人間よりも圧倒的に歳を取るスピードが速いので、ワンちゃんと同じく生まれた人間は、先にワンちゃんとお別れすることになります。
ただし健康に良いドッグフードを選ぶことにより、ワンちゃんの寿命を長くすることは可能で、20年以上生きる犬も少なくはありません。

ドッグフードは犬種や年齢に合わせて販売されています。
犬の場合は大人になるまでの成長期にたくさんの栄養を取らなければいけないので、子犬用のドッグフードは高カロリーとなっていて、そのままの餌を与え続けることで肥満になる可能性が高くなります。

肥満は糖尿病などいろいろな病気を発症する原因になるため、当然寿命を縮めることになります。
また犬種によっても異なりますが、犬にはある程度のカロリー制限が必要だと言われていて、これも健康維持をして少しでも寿命を長くするためには大事なことです。

今では数多くの種類のドッグフードが販売されていますが、特に安価な商品には明らかに体に悪い添加物がたくさん配合されているものが目立ちます。
本来肉食動物である犬には、良質なたんぱく質を与えてあげなければいけませんが、安い商品は単価を抑えるために穀物を多く使用しているモノも目立ち、そのような犬に合わない食生活を送らせることで寿命は少しずつ縮まってしまいます。

このように、人間と比べて物凄いスピードで歳を取るワンちゃんの寿命は短く、14歳~15歳が平均寿命です。
これを少しでも延ばしてあげられるのは飼い主で、そのためには体に良い健康的な食事を与えてあげる必要があります。
ときには手作りドッグフードなんていかがでしょうか。