ホームセンター

ドッグフードのリコールについて

犬を飼うモノの責任に、安全な餌を与えることがあります。
ペットブームとなっている現在では、犬を飼う大変さをきちんと理解してないで、適当に餌を与えている人や途中で飼育を放棄する人が増えていることも問題となっていますが、ここではドッグフードのリコールについて紹介します。

今ではワンちゃんの毎日の餌として市販のドッグフードを選ぶ人がほとんどとなっています。
忙しい中でペットを飼うには、ドッグフードは栄養のバランスが取れているとても便利なモノで、それだけをきちんと与えていれば健康を維持することができます。
しかし数ある商品の中には、後から危険性が判明してリコールされるモノもあります。

特にペット大国のアメリカでは、ペットフードリコール事件が頻繁に起こっています。
意外だと思う人も多いでしょうが、日本はアメリカやヨーロッパなどに比べればペット後進国で、オーガニックのドッグフードなどもアメリカなどに頼っている状態です。
したがって、リコールされている商品の多くも日本に輸入されていて、安全だと思って与えていたら病気になる可能性の高いモノだったということも少なくはありません。
さらにアメリカでは大々的にリコールのニュースが報道されても、日本ではそのような商品を輸入した会社にしか知らされることがなく、危険な餌を与え続けてしまうこともあります。

最近犬を飼いはじめた人は分からないかもしれませんが、実は2007年に史上最大と呼ばれるペットフードのリコール問題が発生しました。
これは中国産であるペットフードに有害物質のメラミンが混入していた事件で、そのため多くのワンちゃんや猫ちゃんが犠牲になりました。
もちろんどのような商品がリコールの対象になるかは分かりませんが、少なくてもオーガニック認定商品や、配合されている成分を詳しくチェックした上で商品を決めることにより、リコール商品を大事なワンちゃんに与えてしまうリスクは大きく軽減できると言えるでしょう。

このように、ドッグフードの間でも頻繁にリコール問題は発生しています。
リコールされるような危険性の高い商品は、添加物が多く配合されているモノが多いので、飼い主の責任としてドッグフードに配合されている成分の危険性については認知しておく必要があります。